ちとからノート

1年間洋服買わないチャレンジ

手帳のこと

けっこう手帳好きです。

なにかとメモするのスキだし、やることリストを持ち歩いて終わったら横線引いて消すことにものすごい達成感を味わうタイプ。

予定表を眺めるのもスキ(予定がないとさみしいのですが、、、)。

で、手帳です。

社会人になる前から手帳ユーザーでしたがここにご紹介するのは社会人になってから使ったものたち。

p251iS03536

入社一年目に購入したsazabyの手帳

革、茶、バイブルサイズ、今持つとずっしり重い。

ハードカバーの本なんかより重い。

さらに中にいろんなものはさんでいくので太ってみにくい。

けど

THE 手帳

ってかんじでかなり気に入ってましたがさすがに大きくて数年で終わり。

p251iS03537

反動で購入したAshfordアシュフォードのミニ6穴サイズ

黒い革がいまではなじんできていいかんじになってます。

いや、さすがにボロいか、、、)

中身は月間ダイアリー(日曜日始まり)と見開き2週間の両方で活用。

月間の方はスケジューリング用、WEEKLYの用は日記、記録用に三行くらいでなにかしら書き込む。

だいたいが

 「あー疲れた。明日もがんばろー」

 「今日はなんだか体がおもい、、、」

 「ラヴ運絶好調!!」

とかそんなかんじでたいしたことは書いてないのだが。

たしか3年くらい使ってから次ぎのフランクリンの手帳に乗り換えるまでとその後フランクリンが重くて嫌になりまた復活してここ数年、そして今も使用中。

さしてるペンはこれまた愛用している水性ボールペン。

書きやすすぎて他に浮気しようと思わない。

レフィルもストック十分。

p251iS03538

7つの習慣でおなじみのフランクリン・コビー社のフランクリン・プランナー

7つの習慣セミナーを受講して本気で使い始め、わりと気に入ってて数年は使っていました。

 個々人の価値観に基づき夢を実現する

たしかそんなうたい文句だったとおもいます。

そうだったかどうかは別にして書き込める部分がたっくさんあって重宝してました。

ファスナーで包み込めるタイプがなんとなくスッキリしたおさまり感が気分がよくて。

が、

やはりもっと小さくて軽いのがいいー、

と先のAshfordアッシュフォード手帳に戻ってきました。

ただでさえ荷物、カバンが重いので手帳は軽くいきたい。

他に「マイ手作り健康手帳」というのもあります。

A4サイズのノートを裁断機で半分に切って1ページ1日分。

睡眠時間、お通じ、摂った水分量、食べたもの、食べた時間、運動(量と内容)を記録するというもの。

これはあとで走った距離を累計するのが楽しい。

手帳というより生活習慣記録帳、とでもいうのか。

今またあらたに新しい手帳に乗り換えようとしています。

ずばりアクション・プランナー

p251iS03539

e-womanサイトで品切れの手帳です。

ハンズで迷いに迷って結局黄色を選択。

はじめてのノートタイプ(リング型ではない)で一週間見開きのスケジュール管理、というのが新鮮で使うのが楽しみ。

ただ、持ち歩くにはちょっと大きいんだよな。

そこはもうなんでもノートだと割り切っていきましょう。

ちなみに夫が愛用しているのはマイブックという一見文庫本の手帳。

彼が打ち合わせにこれを持っていくと

 

 「なんで打ち合わせに本持ってきてるの?」

と怪訝な顔で聞かれるんだとか。

しかも打ち合わせにペンを持って行くの忘れてこのみるからに文庫本の手帳のみ持っていくこともあるらしい。

微妙。


マイブック―2006年の記録 新潮文庫