ちとからノート

1年間洋服買わないチャレンジ

ツールド妻有 わたしたちはアートだ!

越後妻有のアートトリエンナーレ、大地の芸術祭。その作品として開催されたサイクリングイベントツールド妻有に参加しました。

 

というのも、

 すっごい楽しい!

 最高!!

 エイドステーションがやばい!!

そんな感想ばかりを参加したことのある友人、身内から聞かされ、一緒に参加しよう!と誘ってくれたので

 自転車苦手〜

なわたしも、ポチッとエントリー。

といっても参加者定員は早々に埋まる人気イベント。

f:id:chitokaranote:20180913161733j:image

イメージカラーはイエロー

f:id:chitokaranote:20180913161723j:image

標高グラフみてたらエントリーしなかったかも。

コースは、120km 90km 70kmの三種類。

とにかくのぼりのぼりのぼりくだりのぼりのぼり、アップアップです。

f:id:chitokaranote:20180913161744j:image

人気ポイントのひとつ、ツールド妻有ジャージ!

みんな揃うと圧巻、かっけー!!

 

とにかくのぼるんです

のぼった先のカーブの先は下ってるはず!といくと、そこにまたのぼり坂。

激坂、劇坂、なんだかよくわからないしもう判断不能。暑くて苦しい。

でも待ってるのは
f:id:chitokaranote:20180913161739j:image

大盤振る舞いなエイドステーション! これは笹だんごの山

f:id:chitokaranote:20180913161730j:image

新鮮なお野菜たち きゅうり
f:id:chitokaranote:20180913161725j:imageトマト
f:id:chitokaranote:20180913161728j:image

そして、米どころ、おにぎり
f:id:chitokaranote:20180913161742j:image

エイドステーションは6箇所くらいあって、名物パエリアだとか、ガリガリくん坂とかいう劇坂のぼるとガリガリくんが待っててくれたりとか、冷や汁も人気。

1箇所目のエイドステーションの後写真撮る余裕まったくなくなり写真撮れてませんが、ツールド妻有 エイドステーション で検索したらいろいろご覧いただけると思う。

f:id:chitokaranote:20180913161736j:image

暑くて汗だくで苦しい初挑戦でした。

でもまた参加したい!

と思っちゃう。お揃いジャージの魔術?!なのか。

ダムの向こうにゴール地点が見えてきてさすがに泣けてきた。

自転車で泣くとは、こんな経験できて、誘ってくれたみなさんに感謝!